陰様で、完走できました。
昨年は捻挫で出場できなかったので、久々のマラソン大会。けがから1年以上経過しているのに、未だに、腫れているというか、膨れているので、出場取りやめも視野に入れながら、練習を続けていて、
今回の目標は、
@「完走」することと、
A40キロ地点まで「脚が持ったら」南長野運動公園近くの最後の直線で「100人」抜くこと。

 腕時計は1キロ6分という4時間20分くらいで完走できる「ゆっくりペース」で設定していたのですが、周りに流され、どうしても早く走ってしまう。
5分30秒くらい。昔の私であれば、「もしかしたら、あんまり練習していないけど、今日は凄く調子が好いかも!」と勘違いしていたところですが、何度もその「勘違い」を経験しているので、なるべくペースを抑え、抑えで、走りました。
何とか、脚が持ってくれたので、最後の直線では、いっぱいの人を抜いて気持ちよく走れました。
70人までは数えていたのですが、そこからも、ごそっ、ごそっと、抜いたので、150人以上は抜いちゃったと思います。ちょいとした優越感でした。

 毎年、マラソン後に開催されるフェアウェルパーティーに参加させて貰っていて、何年も同じテーブルを囲うマラソン友達が居ます。
愛知とか千葉とか前は熊本とか。
その、愛知の方が、70歳チョイ手前の部で優勝していました。
私より50分くらい早く。歳は20くらい上なのですが。
すごいですねー。
私にも、まだまだ、ノビシロがあるという希望を持たさせて頂きました。
というか、私は単なる努力不足?