年のこのイベントでは白鳥建設は「木組みパズル」担当で、大大大好評でした。
2日間で数百人の来場者とお話しさせて頂いたと思います。「木」の魅力に改めて気付かされました。 
今年は、「地育Lab」のエリア(30m×35m)を足場で囲い、「遊ぶ」「学ぶ」「知る」の3つのエリアに分け、その「学」担当。
「学」をどう解釈して、どう表現するか、から考えて下さい、と大雑把に「投げられて」しまった。
チームの同業者の方と話し合いながら、企画を進めています。
5月末現在、企画段階ですので、実際どのようなものになるか?その中の「6畳間」担当。
「家の中身を見てみよう」というコンセプトのもと、床・壁・天井の中身「断熱材等」を見て貰えるようにスケルトンの構成にする。

?6畳間のコンセプト?
 家の中身を見てみよう!
  床・壁・天井はどうなっているのかな?
断熱改修って何するの?
         耐震改修って何するの?

     皆さん、見に来て下さいね。

壁とかの断面構成を見られるようにするのです。
 見たことある人はあんまり居ないと思うので、面白くないですか?
あと、できれば、新鮮なシロアリを調達したい。